保証業務 コンサルティング IT 調査
ホーム業務内容コンサルティング > IFRS導入コンサルティング

コンサルティング

IFRS導入コンサルティング

IFRS(国際財務報告基準:International Financial Reporting Standards)とは、IASB(国際会計基準審議会:International Accounting Standards Board)が世界的に会計情報の比較可能性の担保を目的として公表する会計基準の総称です。現在、EU諸国をはじめとした約100カ国以上がIFRSを自国の会計基準として採用(Adoption)しており、他の諸国も採用又は収斂(Convergence)を検討しております。

日本においても2009年6月16日に企業会計審議会から「我が国における国際会計基準の取り扱いについて(中間報告)」が公表され、日本のIFRS対応への方向性が示されました。そして12月11日には、2010年3月期からの任意適用についての正式決定が下され、日本のIFRS導入が本格化してきています。さらに2012年を目途に強制適用の是非が判断され強制適用が決定した場合には2015年から2016年にIFRSの適用が開始されます。

明誠有限責任監査法人はIFRSのグローバルスタンダード化に対応すべく、HLB Internationalへの加入により国際的なネットワークを活かしたIFRS関連業務をご提供致します。また高品質の業務提供を行うため当法人内においてIFRSの教育・研修を積極的に行い、全てのスタッフICAEW (イングランド・ウェールズ勅許会計士協:The Institute of Chartered Accountants in England and Wales)が主催する国際会計基準検定(IFRS Certificate)の資格認定を取得する事を目標として日々の研鑽に励んでおります。

IFRS導入の短期的調査

IFRS導入の可否、導入による影響を調査致します。例えば利害関係者、競合他社、財務制限条項等の契約条項に及ぼす影響を調査致します。

IFRS導入計画の作成

IFRSの適用には企業内に十分な質的、量的人材が必要となります。当該人材確保の為の教育・研修計画を検討しご提供致します。

IFRSの教育・研修

IFRS導入は3年の準備期間が必要であると考えられています。そのためIFRSの導入を効果的、効率的に行うための計画を作成致します。

公正価値の算定

IFRS導入は3年の準備期間が必要であると考えられています。そのためIFRSの導入を効果的、効率的に行うための計画を作成致します。

IFRS導入計画の作成

IFRSの導入により公正価値の算定方法がより複雑化致します。そこで公正価値の計算の検討を致します。

IFSRの財務諸表作成の指導

IFRS対応の財務諸表を作成及び作成のための会計方針、開示方針及び連結パッケージの作成等を検討しご提供致します。